お知らせ

12.162021

ナットゥンスー・・・12/16(木)は琉球料理の日

味噌とサンニンの香りにヒハツ(胡椒に似た香辛料)のピリッとした辛みがきいた沖縄独特の香り高い餅です。かつては、お正月のお茶うけに作られ、年頭味噌といわれることもありましたが、今では年中手に入ります。

もち粉、砂糖、赤味噌、ヒハツを水でこね、耳たぶ位の堅さに練り、サンニン(月桃)の葉の裏に1cmくらいの厚さに平たくのし、表面に生の落花生を四弁の花弁のように飾ります。これを蒸し上げますが、強火で蒸すと口当たりの滑らかさが失われ、表面がぶつぶつと荒れてしまします。時間をかけて蒸しといいでしょう。日持ちがよく、硬くなったら、焼くか、蒸すか、レンジでチンするかすると美味しく食べることができます。

ナットゥンスーは、(辻遊郭)が発祥といわれています。チージは社交の場で、料理屋の要素を兼ね備えた他府県には類を見ない遊郭でした。遊女の作るもてなしの心の入った料理は、琉球料理の発達に影響を与えたといわています。正月前になると、馴染みの客の家にナットゥンスーをお歳暮として届けたといわれています。

『料理沖縄物語』古波蔵保好著より

「ナットゥンスーとこう菓子は正月にしか現れない菓子だった。中略 昔は律儀に正月が来ないと売らなかった。

中略 私の家に届けられてくるのは、父の遊興に対するお返しのようなものだったといっていい。たぶん母は、喜んで受け取れない想いだっただろうーーー。

文責 安次富順子

過去の記事

  1. 10.202022

    越来(ゴイク)イリチー・・・9月15日(木)は琉球料理の日

    越来(ゴイク)イリチー牛蒡と鶏肉のイリチーです。

  2. 8.182022

    蘇る昔の料理・・・8/18(木)は琉球料理の日

    蘇る昔の料理琉球料理伝承人の出演したNHK のテレビで紹介された「クーリジシ」「ンムクジソーミン...

  3. 7.212022

    イラブー・・・7/21(木)は琉球料理の日

    神秘的な生物イラブーイラブーは「エラブウミヘビ(永良部海蛇)は、コブラ科エラブウミヘビ属に分...

2022年11月
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930  
ページ上部へ戻る